ワタリドリ生活

ADHD20代の生活記。最近は食レポ多め

スポンサーリンク

旭山動物園はアザラシとシロクマだけじゃない

北海道といえば、一度は行ってみたかった旭山動物園

www.city.asahikawa.hokkaido.jp

7月頃に行ったときのお話。
酪農バイトがこの日はお休みで、朝の仕事が終わってからすぐに、旭川行きの電車に飛び乗りました。

f:id:azumi_kg:20161206122751j:image
旭川は意外と肌寒くて、バス待ちにいる半袖外国人も寒そうでした。
駅からは動物園まで直行のバスがあります。

f:id:azumi_kg:20161206121821j:image

到着

 

f:id:azumi_kg:20161206121922j:image  f:id:azumi_kg:20161206121955j:image f:id:azumi_kg:20161206122156j:image

愛するペンギンちゃんたちのもとへ(ペンギン館)

旭山動物園には、キングペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギンイワトビペンギンの4種類がいます。
真ん中の子は換羽中ですね。
冬になって雪が積もると、ペンギンのお散歩が見れます。

f:id:azumi_kg:20161206122034j:image

ホッキョクグマも外せない
実は毛の色は透明で、皮膚は黒。白く見えるのは光の反射だそうな

f:id:azumi_kg:20161206122133j:image

シンリンオオカミの遠吠えが今日のベスト
園内放送に反応して吠えたりもするらしい

f:id:azumi_kg:20161206122242j:image

長老然としたヤギ

f:id:azumi_kg:20161206123806j:plain

美しきかな、タンチョウ
ちょうどもぐもぐタイムで、飼育員さんが、タンチョウの頭の朱いところは、あれ、血管が透けて見えてるから朱いんだよって教えてくれました。
ネットで検索すると、肉瘤だよグロいよって話と画像をちらほら見れます。

旭山動物園のもぐもぐタイムの時間は、ボードに書いてあります。

f:id:azumi_kg:20161206122347j:image
入園してまっすぐ行くと見つかります。園内マップとかの近く。
もぐもぐタイムでは、飼育員さんの説明もおもしろいから、合わせてまわると楽しいです。

f:id:azumi_kg:20161206122506j:image

手書きの説明ボード。数も多ければ内容も濃い。
じっくり読んでると、その動物について深く知れるし、ただ見るだけにとどまらない。
特に、フクロウゾーンはおすすめです。

説明書きでも、もぐもぐタイムでもそうだったんですが、旭山動物園は、他の動物園よりも観客へのメッセージ性が強いように感じました。

・多くの動物が種の減少、絶滅の危機にさらされており
・その原因の一つには、人間の営み(電線、乱獲、害獣としての駆除等々)がある
・動物園を通して、動物やその生息の現状にもっと興味を持って欲しい

ということが、繰り返し伝えられていたように感じます。

 

ただ楽しむだけでなく、現状を知り、考える一助になる。
アザラシだけじゃない、旭山動物園の大きな魅力であり、強さだと思います。
そう、全然微動だにしないカピバラのような強さ!

f:id:azumi_kg:20161206122556j:image

 

 

www.karaito.xyz