ワタリドリ生活

ADHD20代の生活記。最近は食レポ多め

スポンサーリンク

「今、何したい?」→「◯◯のためには、今、何したい?」

ADHDと診断されてから、1ヶ月が経ちました

やりたいことは、すぐにでもやりたいけれど
やりたくないことは本当に極限にやりたくない。

けれど、どうしてもやらなきゃいけない時がある。
そんな時に、少しだけ取り掛かりやすくなる思考ができたので
自分のためにも残しておきます。
 

さて、ADHDの特徴として、
興味があることへの行動力は強いけれど
興味がないこと、やりたくないことに関しての行動力は弱い
というのがあるらしいですね!


やりたいことはたくさんあるけど、やらなきゃいけないこともたくさんある。
けれど、「◯◯すべき、◯◯しなきゃ」なんて
やらされてるようなことに対してのやる気は、ひたすら下がっていくばかり。

ニュアンスとして
「(私はしたくないのに)◯◯しなきゃ」
って感じがするじゃないですか。しませんか?

私の中では、「◯◯すべき」って言った時点で、
それをやりたくないことが確定してるんですよ。そりゃ、やる気も出ませんよ。

「今日出かけなきゃ―」とか言いながら、
ツイッターやって、 気になったマンガ読んで、部屋の掃除して、ぼーっとして
気がついたら3時間経ってるとか

「洗い物しなきゃ……洗い物」って言いながら立ち上がって
「やりたくないいいい」って泣きながら食器洗ったりとか

 

ADHDの本には、
「◯◯したい」って嘘でも声に出してると良いって書いてあったけど 

そんなわけないだろ!!!
やりたくないものはやりたくない!
やりたいことはやりたいの! 

と、反発してしまったので考えました。
そこで思いついたのがこれ。
 

「今、何したい?」と自分に問いかけるのではなく
「◯◯するためには、今、何したい?」と問いかける!
 

「8時に家出るためには何したい?」
→7時45分までに化粧を終わらせたい

「今お風呂行くためには何したい?」
→とにかく起きたい
 

という感じですね!
いわば、「逆算」をやりやすくしてるわけです。

体感的に、「今起きなきゃ」よりは「今起きたい」と考える方が
「しかたないな、起きるか!」となりやすいので
この頭は、本当に「やりたいことをとことんやりたい」んだなぁと実感してます。
本の言ってることも嘘ではない。
 

この「◯◯のためには」っていうのを取り入れてから、
前より少し、やることに対して重かった腰が軽くなりました。
認識をちょっと変えてあげるだけでも、全然違うものです。
その変え方に、ちょっとコツがいるだけで。